安全パトロール報告 平成30年9月 (1回目)

9月1回目の安全パトロールを、平成30年9月13日に実施しました。
  現場名: 平成29年度 浜松維持管内整備工事
  元請名: 株式会社 鈴木組
現場は国道1号線の下り線、浜名大橋から西に向かった潮見バイパスの
大倉戸ICから先を通行止めにする規制で、夜間での作業になります。
 
夜間作業での注意点は、何よりも ” 視認性 ” です。
そのためには、光の反射が良い工事看板の使用と、その看板や工事規制で
使用する資器材を照らす投光器の使用が必要です。
しかし、ただ使用するだけでなく、いかに効果的に使用・配置するかを考えることが
重要になってきます。
 
【安全パトロール】㈱鈴木組-平成29年度 浜松維持管内整備工事20180913 (2).JPG【安全パトロール】㈱鈴木組-平成29年度 浜松維持管内整備工事20180913 (12).JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工事規制は、規制の中で作業する人の安全を守るものと考えられがちです。
しかし、工事規制そのものをしっかり行うことが走行する一般車の安全を守ることになり、
それが作業の安全を守ることに繋がると考えています。
 
交通誘導の警備員とは、現場で働く作業員だけでなく一般の方々の安全も考えることが必要で、
そうした考えを常に教育しています。
そんな我々と一緒に働いてくれる警備員のアルバイトを募集しています。
各求人誌や求人サイト、または弊社ホームページをご覧いただき、是非ご応募ください。
     リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

PAGE TOP