協和整美の高速道路警備

有限会社協和整美では、高速道路上での路肩規制や車線規制、
集中工事における保安業務を行っております。
常に高速道路上で業務を行っていることによる経験値の高さが、
作業の安全性をさらに高めています。

協和整美の一般道路警備

有限会社協和整美では、一般道路における交通規制を行っております。一般道路では、道路環境の違いにより同じ規制名でも規制方法が変わることが多く、その場合でも培ったノウハウで様々な状況に対応した警備を行っております。

徹底した安全へのこだわり

警備業法において規定されている『警備』とは、要約すると“他人の需要に基づき、
【生命】【財産】を“守る”ということになります。
“守る”ということは安全な場所に置くということであり、それを提供するということは提供する側も安全であることが必要になります。
現場で作業する人も、そこを通る歩行者や車両も、安全が確保されていることが安心につながり、“特別ではない”“普段通り”の作業や通行ができることが最重要になります。そのような考えをもとに、『企業使命感』と『行動の原点』を定めて行動することを理念としています。

独自の社員教育訓練システム

警備員として業務を行うためには、アルバイトで採用された方であっても警備業法に定められた
入社時の教育(新任教育)は必ず受講していただかなければなりません。
また、業務を継続して行うためには、入社時以外にも警備業法で定められた教育を受講していただきますが、この教育についてはアルバイト採用の方も社員として働く方も同様です。
有限会社協和整美では、警備員をお客様のもとに派遣するためには、これら警備業法で定められた教育では満足せず、独自の教育体制を取ってお客様に安心と安全をご提供させて頂きます。
協和整美の教育担当社員は、警備員の指導教育ができる『警備員指導教育責任者資格者証』の
資格所持者であり、主な警備業務である交通誘導業務においては、
その資格検定における検定講師を静岡県公安委員会から嘱託されております。
また、『警備員指導教育責任者資格者証』の資格所持者も複数在籍しております。

PAGE TOP