教育 カテゴリの記事

H30年10月 店社パトロール報告

今月の店社パトロールは、10月11日に下記の現場で実施しております。

   現場名:新東名高速道路 浜松いなさ~豊田東間橋梁検査設置工事
   元請名:北沢建設株式会社
 
工事規制の内容は、新東名高速道路における走行車線規制の現場です。
 
高速道路上で工事を行う際に、実は工事や工事規制の安全性の他に心配になる点が一つあります。
それは、トイレの問題です。
一般道での作業では、非常時にはコンビニエンスストア等の店舗や、最悪一般家庭に駆け込むと
言ったことでも対処は可能です。
ですが、高速道路上では近くのPA・SAまで歩いていくことはできません。
そのため、簡易トイレをトラックに積載して運搬していくことが多くなります。
 
10月度店社パトロール20181011 (30).jpg
トラックの荷台は高くなっているので、せっかくトイレを積載しても乗り降りが大変です。
そこで昇降用の脚立を持っていくのですが、その脚立さえ不測の事態が起こらないように
トラックの突起部分を利用してロープで固定し(赤〇・矢印部分)転倒防止を行う配慮がされています。
 
そんな細かい部分にまで気を配る教育を行っている協和整美は、ただの警備会社ではないと思いませんか?
一緒に働いてみたくなりませんか?
協和整美では、まだまだ警備員のアルバイトを募集しておりますので、ご応募をお待ちしております。
詳細は、本ホームページの求人情報や各求人サイトをご覧ください。
 
     求人情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

安全パトロール報告 平成30年10月 (1回目)

10月1回目の安全パトロールを、平成30年10月16日に実施しました。
  現場名: 平成29年度 浜松管内東部橋梁点検業務
  元請名: 株式会社 ニュージェック
 
今回の現場は、国道1号線袋井バイパスの側道で幅員減少を掛ける規制でした。
概ね問題が無いパトロールと言いたいところですが、工事規制を行うにあたり
重要ともいえる間違いをしておりました。
下の画像をご覧いただくと、違和感に気付かれる方もおられかと思います。
安全パトロール20181016 (3).JPG

縦長の看板、SL看板と呼びますが、右側が「徐行」で左側が「50m先工事中」です。

SL看板の上部にある四角形の看板を補助板と呼び、SL看板のフレームに差し込んで

設置しています。

この左側の補助板ですが、何故か左側に「徐行」が差し込まれており、上下が一対に

なっていないということになります。

一見して大したことは無いように見えますが、これが全く異なる看板同士の組み合わせに

なっていたらどうでしょう?

規制看板は、この先の工事規制の内容を通行する一般車や歩行者に伝えるものですから、

間違った設置は一般車や歩行者に危険を与える要因にもなりかねせん。

 

交通誘導の警備員とは、現場で働く作業員だけでなく一般の方々の安全も考慮する事が必要であり、

そうした考えのもとで従業員教育を行っております。

 

そんな我々と一緒に働いてくれる警備員のアルバイトを募集しています。

各求人誌や求人サイト、または弊社ホームページをご覧いただき、是非ご応募ください。

     リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

安全パトロール報告 平成30年10月 (1回目)

10月1回目の安全パトロールを、平成30年10月3日に実施しました。
  現場名: 平成29年度 浜松管内東部橋梁点検業務
  元請名: 株式会社 ニュージェック
 
今回の現場は、掛川バイパスの下部を通る     安全パトロール20181003 (44).JPG
カルバートボックスでの片側交互通行規制です。
カルバートボックスの両側には信号機のある交差点が
有る、少し複雑な工事規制でした。
先月に弊社に入社したばかりの新人隊員が配置をされて
いましたので、パトロール・教育担当の社員が重点的に
確認・指導を行っております。
 
今回のパトロールでは、少し残念な内容となっています。
下の2枚の写真を見比べていただくと、何か違いに気付くと思います。
歩道上に規制看板を設置する際は、歩道を通行する歩行者に危険を及ぼさないよう
工事看板の横にセーフティコーンを並べて置き、歩行者への注意を促すことにしています。
この業務は日々の規制箇所が変わることもあり、その都度で資器材の数量確認が必要
なのですが、これが不十分だったと思われます。
安全パトロール20181003 (5).JPG安全パトロール20181003 (8).JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
器材の不足は、工事規制周辺を通行する一般車・歩行者の安全を阻害する事項です。
今回の不備を大いに反省し、今後の工事規制に生かしていかなければいけません。
我々が求める安全とは、工事で働く作業員の安全を守るだけでは有りません。
たとえ些細なことでも対策を取り、全ての安全を守る努力を続けていきます。
 
協和整美では、引き続き警備員のアルバイトを募集しております。
交通誘導だけではない少し変わった警備会社ですが、一緒に働いてみたいと思われた方、
ご連絡をお待ちしております。
リクルート情報は、このホームページ『求人情報』からお問い合わせください。
また、お電話でのご応募もお待ちしております。
 
 
 
 

平成30年9月度 安全大会

平成30年9月の安全大会、9月28日の金曜日に開催しました。
 
H30-9月度社内安全大会20180928 (8).JPG
折しも、静岡県内に大停電をもたらした台風24号が
接近中とのこともあり、某スマホサイトを使用して
防災に関する知識の確認を行うことにしました。
従業員の皆さんは、意外といっては失礼ですが中々
の知識人であると感心しました。
ただ、中には ”えっ!” という回答を発する者、
”何だこりゃ?”という設問もあり、まだまだ勉強
不足だと思うところです。
 
 
 
H30-9月度社内安全大会20180928 (7).JPG
 
8月度の安全大会で事故被害の報告を致しましたが、
今月も業務中に発生した事故の報告が有りました。
 
車線規制を行って一車線を規制し始める箇所で、
強引に割り込んできた車両が急停止によりスリップ
し、規制内に停車させていた規制車両に追突して
いたという事例です。
 
あいにくの雨天で路面が濡れており急停止でのスリップを誘発しやすかったこと、
規制箇所の直近に外路からの合流部が有り車両が混雑していたことも要因と考えられます。
外路からの合流部の上流から規制を掛け、一般車の混雑を防ぐよう対策を行うことで、
翌日からの混乱は避けられました。
 
 
工事規制とは事前の申請で内容が決められているものですが、現場での状況に合わせ施工主と
協議し臨機応変な対応も求められ、現場での判断力を養うことも必要です。
一風変わった業務を行う警備会社ですが、そんな会社で働いてみませんか?
 

協和整美では、警備員のアルバイトをまだまだ募集しております。

実際に体験してみたい方、一緒に働きたいと思われた方がいましたら、是非一度ご連絡をください。

  リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

 

安全パトロール報告 平成30年9月 (3回目)

9月3回目の安全パトロールを、平成30年9月21日に実施しました。
  現場名: 平成29年度 浜松維持管内整備工事
  元請名: 株式会社 鈴木組
 
9月13日に実施した安全パトロールと同じ工事ですが、作業現場が国道1号線の下り線、
浜名大橋のすぐ西にある新居弁天ICに変わりましたので、改めてパトロールを実施致しました。
前回と同様ですが、夜間作業における一番の注意事項は視認性です。
夜間作業での注意点は、何よりも ” 視認性 ” です。
今回の作業においても、規制資器材をいかに効果的に使用・配置するかを考えて規制を
実施していました。
また、現場に出てみて初めて分かることもあり、元請け様と相談し臨機応変に資器材を
追加したり配置箇所を変更するなどの対処も行われていました。
IMG_6300.JPGIMG_6314.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
交通誘導の警備員とは、現場で働く作業員だけでなく一般の方々の安全も考えることが必要で、
そうした考えを常に教育しています。
そんな我々と一緒に働いてくれる警備員のアルバイトを募集しています。
各求人誌や求人サイト、または弊社ホームページをご覧いただき、是非ご応募ください。
     リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

1  2  3  4  5  6  7  8

PAGE TOP