安全パトロール報告 平成29年10月 (1回目)

先週の平成29年10月3日に、今月1回目の教育担当社員による安全パトロールを新東名高速道路における

車線規制の現場で行っております。

 現場名 : 新東名高速道路新清水IC~島田金谷IC間交通情報設備改造工事

 元請名 : 星和電機株式会社 様

 

高速道路では、一般車が時速100km近い速度で走行しています。

気象的に風が弱く吹いていても、走行する車両によって発生する風圧で、規制資器材が飛ばされてしまうこともあります。

これを防ぐため、規制資器材に土のうを乗せるだけでなく、様々な飛散対策を施すよう検討を行っております。

また、新人隊員も現場に入っていましたので、現場での注意点についても指導を行ってきました。

 

安全パトロール20171003 (7).JPG

飛散対策として矢印板に土のうを乗せるだけでなく、 

 路面に置いた土のうと矢印板を紐で結んで二重の

 対策を行っています。

 

 

 

 

 

 

安全パトロール20171003 (14).JPG

新人隊員に対して、現場内を移動中に黄旗を広げた状態で

持ったまま歩行することを指導しました。

移動中に旗を纏めて持ってしまっている警備員を

見かけますが、 走行する一般車からの視認性を高める

ことが安全につながることを意識させています。

 

 

 

 

協和整美は、あらゆる交通規制に対して、現場に則した適切な規制や警備体制を行なえるよう、

警備員の教育を怠りません。

交通警備員とは、実はその知識と技術の幅がとても広く深いものです。

我々協和整美で実際に体験してみたい方、一緒に働きたいと思われた方がいましたら、是非一度ご連絡をください。

警備員の求人は、随時行っております。

  リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

PAGE TOP