H29年9月の店社パトロール報告

今月の店社パトロールを、9月19日に実施しました。

今回は、新東名高速道路における車線規制の現場で実施しております。

①現場名 : 新東名高速道路新清水IC~島田金谷IC間交通情報設備改造工事

  元請名 : 名古屋電機工業株式会社 様

高速道路では一般車が100km/h近い速度で走行しているため、気象的な風が少ない状態でも、

一般車が通ることで発生する風圧によって強く風を感じることがあります。

交通規制では規制資器材によって規制の案内を表示しますが、その風圧によって規制資器材が

転倒してしまっては規制資器材の機能が損なわれます。

そのようなことが起こらないよう、転倒防止対策を万全に行うよう心がけております。

 

                                   左写真の看板の反対側。土のう等で転倒防止を施している状態。

店社パトロール20170919 (9).JPG店社パトロール20170919 (10).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協和整美の交通規制は現場の環境を考慮して、使用する資器材や設置方法を検討します。

これは、過去の経験の積み重ねに基づく判断と、事前の現場調査や元請け様との入念な協議による賜物と

自負をしております。

協和整美では引き続きアルバイトの求人を行っております。

我々と共に働きたい、ただの警備員では終わりたくないと思われた方がいましたら、是度ご連絡をください。

                 リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

 

安全パトロール報告 平成29年9月 (2回目)

平成29年9月7日、教育担当社員による今月2回目のパトロールを行っております。

 現場名 : 平成28年度磐田袋井線小立野横断歩道橋塗替塗装工事

 元請名 : 静清塗料株式会社 様

現場は、一般道での片側交互通行規制です。

現場の脇には大型店舗の駐車場があり、出入りする車両があるので複雑な誘導になります。

また、交通量の多い県道と直結し、作業車両が県道の際に停めているので、

県道に出たい一般車の誘導も絡んできます。

現場の一般道の交通量が少ないことが幸いしていますが、少ない警備員で良く連携して

誘導を行えていました。

 

片側交互通行といえば、ただ単に両方向の車両を交互に通行させるだけと思われがちですが、

周りの環境によって要求される行動が増えてきます。 

交通警備とは、現場に合わせた適切な規制や警備体制を行なえるよう、現場の把握が一番大切です。

それは、経験によって養われた知識と技術によって、さらに高められていきます。

我々協和整美で実際に体験してみたい方、一緒に働きたいと思われた方がいましたら、

是非一度ご連絡をください。

警備員の求人は、随時行っております。

  リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

安全パトロール20170907 (11).JPGのサムネール画像安全パトロール20170907 (19).JPGのサムネール画像

 

 





 


 




 


 

安全パトロール報告 平成29年9月 (1回目)

平成29年9月1日、教育担当社員によるパトロールを行っております。

 現場名 : 新東名高速道路島田金谷IC~浜松浜北IC間交通情報設備改造工事

 元請名 : 名古屋電機工業株式会社 様

今回は、新東名高速道路における車線規制の現場で実施しました。

高速道路での一般車は時速100km近い速度で走行しているので、工事規制を開始する部分では

規制資器材が見やすい様に整然と設置する必要がありますが、それが良くできていました。

 

作業現場に立つ警備員は、通常では作業現場と走行する一般車が同時に見れる位置、すなわち、

作業現場の下流側に立つのが基本です。

ですが、今回の現場のように、作業車両が一般車が走行するギリギリの所で社業をする場合は、

作業個所の上流側に立つこともあります。 これは、一般車に対しての注意喚起をするためです。

このように、現場の状況による立ち位置の変更など臨機応変に対応できるのも、日頃からの教育の

成果です。

 

協和整美は、あらゆる交通規制に対して、現場に則した適切な規制や警備体制を行なえるよう、

警備員の教育を怠りません。

交通警備員とは、実はその知識と技術の幅がとても広く深いものです。

我々協和整美で実際に体験してみたい方、一緒に働きたいと思われた方がいましたら、是非一度ご連絡をください。

警備員の求人は、随時行っております。

  リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

安全パトロール20170901 (20).JPGのサムネール画像安全パトロール20170901 (40).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年8月度 安全大会の開催

平成29年8月25日、8月度の安全大会を開催いたしました。

今回は、関係する役所や中日本高速道路㈱からの事故報告や労働災害報告が無く、

安全に一か月が過ごすことができたのだと安心をしました。

ところが、その後に高速道路上での大きな事故が報道され、亡くなられた方もいるとのこと。

我々としては、安全パトロールなどの現地指導や、毎月報告している安全大会などで

従業員教育をしっかりやっていこうと強く感じました。

 

協和整美では、まだまだ警備員のアルバイトを募集しております。

このホームページの教育項目をご覧いただき、この様な会社で働きたいと思った方がいましたら、

引き続き警備員の求人を行っておりますのでご一報ください。

  教育情報    ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/education.php

  リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

8月度社内安全大会20170825 (9).JPG8月度社内安全大会20170825 (32).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H29年8月 店社パトロールを実施

毎月恒例の店社パトロール、8月21日に会社代表と教育担当社員の2名で実施しました。

今回は2件実施しましたが、2件とも一般道路における交通規制の現場になります。

①現場名 : 平成29年度浜松管内東部橋梁点検業務

  元請名 : 株式会社ニュージェック 様

②現場名 : 小立野横断歩道橋塗装工事

  元請名 : 静清塗料株式会社 様

それぞれは、片側交互通行規制と通行止の現場になります。

通行止の現場では、一般車両の通行は規制されますが、歩行者は通行することができます。

歩行者の方は工事をしているどうろでは遠慮がちになってしまいますので、通行できることを知らせる声かけを

早めに行うことが大事になります。

 

警備員も普段は車を相手に仕事をしているので、なかなか人を相手にした誘導、特に声を掛けることに戸惑うことがあります。

社内の安全大会では、そういった気持ちの面での教育を行うことで、心の不安も解消しようとしています。

協和整美は、単に交通規制を行うだけでなく、このように相手の気持ちになって作業することを心がけています。

協和整美では引き続きアルバイトの求人を掛けておりますので、一緒に働きたいと思われた方がいましたら、

是度ご連絡をください。

                 リクルート情報 ⇒ http://www.kyowaseibi.jp/recruit.php

8月度店社パトロール20170821 (52).JPG8月度店社パトロール20170821 (20).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2

PAGE TOP